登場は1983年。軽い車重に4バルブのDOHC、4A-Gエンジンを搭載。1600ccのNAでなんと130馬力(グロス値)のハイパワーエンジンは当時驚くべきハイパワー車でした。レースにラリーに活躍したことでも人気を呼びました。絶版となった今でもAE86はその基本性能の高さから多くの人々に愛されています。


パーツの種類が充実している。
純正パーツはもちろん、社外パーツも様々なメーカーから出されています。新車が販売されていた当時よりもむしろ現在の方がパーツの種類は充実。キチンとパーツを交換していけば、いつまでも乗り続けられるのが人気の理由のひとつです。

構造がシンプルだから自分で修理やチューニングできる。
AE86の構造は現在のクルマと違い、非常にシンプル。慣れてくれば、自分でいじることができます。「自分の手で維持・グレードアップできる楽しさ」があるクルマです。

軽快な走りが楽しめる。
軽量ボディにパワーもあるAE86だから、走りも軽快。ドライビングの楽しみがあります。また、各地のサーキットでは気軽に参加できるレースもいろいろあり、自分のクルマを試す楽しさもあります。

リーズナブルでタマ数も多い。
AE86は中古車市場でまだまだ元気。タマ数も豊富です。20万円位〜と価格もリーズナブルで初心者からマニアまで楽しめるクルマです。

仲間ができる。
AE86ファンは共通の話題ですぐ仲良しになります。同好会も多数ありますし、サーキット走行会などでの出会いもあります。ノビーブースでも週末には店内のサロンにファンが自然と集まり、情報交換を楽しんでいます。